« 乙女の嗜み | トップページ | 8月に読んだ本 »

2008.08.26

はじめての感覚

読破ページ数【30】


『ユゴーの不思議な発明』 ブライアン・セルズニック文・絵 金原瑞人訳 アスペクト(2008.01)
・2007年全米図書賞児童書部門ファイナリスト
・2007年クィル賞(Quill Award) Children's Chapter / Middle Grade 部門受賞
・2007年度ニューヨークタイムズベストイラスト賞受賞
・2008年コールデコット賞受賞
・2008年イタリア・アンデルセン賞最優秀読み物:12歳以上対象受賞

 読みたかった本がようやく読めました。絵と文章でつづられた533ページの物語。絵だけで進行する部分と文章だけで進行する部分があって、それが違和感なくつづいていく。
 1930年代のパリを舞台にした孤児となったユゴーの冒険にわくわくしながらページをめくる。そのページをめくる間も物語の進行にくみこまれているような気がする。ネタバレになるのでくわしく書きませんが、クライマックスで○○が△△する場面はぞくぞくした~。
 映画化も予定されているようですが(この作品自体が映画へのオマージュともいえる)、これは本で読む方がいいような気がする。

|

« 乙女の嗜み | トップページ | 8月に読んだ本 »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はじめての感覚:

« 乙女の嗜み | トップページ | 8月に読んだ本 »