« 7月に読んだ本 | トップページ | 乙女の嗜み »

2008.08.12

正しく疑う

読破ページ数【30】


『擬似科学入門』 池内了箸 岩波新書(2008.04)

 情報が簡単に手に入るからこそ、取捨択一は大切で、そうするためには「思考停止」に陥らないよう、考えるくせをつけなければならない、ということですね。誰か信頼できる人に、判断を委ねるのはとても楽だし、心地よい。そんなことをしみじみ考えました。

|

« 7月に読んだ本 | トップページ | 乙女の嗜み »

一般書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正しく疑う:

« 7月に読んだ本 | トップページ | 乙女の嗜み »