« 謹賀新年&12月に読んだ本 | トップページ | パーシー・ジャクソン »

2010.01.29

壊れやすいもの

『壊れやすいもの』  ニール・ゲイマン作 金原瑞人・野沢香織訳 角川書店(2009.10)

 2月19日公開の映画「コララインとボタンの魔女」(映画公式サイト)の作者ニール・ゲイマンの短編集。SF、ホラー、ファンタジー、詩などいろいろな趣向の作品があって楽しめる。作者自身の解説もあり、その中にも短編がひとつはいっている。特に気に入ったのは、「翠色(エメラルド)の習作」「髭(ロック)と鍵(ロック)」「スーザンの問題」「ゴリアテ」「パーティで女の子に話しかけるには」「サンバード」「谷間の王者――『アメリカン・ゴッド』後日譚」かな。『アメリカン・ゴッド』も読みたいなと思った。

|

« 謹賀新年&12月に読んだ本 | トップページ | パーシー・ジャクソン »

SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/47420021

この記事へのトラックバック一覧です: 壊れやすいもの:

« 謹賀新年&12月に読んだ本 | トップページ | パーシー・ジャクソン »