« パーシー・ジャクソン | トップページ | 2月に読んだ本 »

2010.02.20

ライオンとであった少女

『ライオンとであった少女』 バーリー・ドハーティ作 斎藤倫子訳 主婦の友社(2010.02)

 オリンピック男子フィギュアスケート、高橋選手の銅メダルに感動しました。そして織田選手。靴紐切れたのに、怪我もなく最後まですべりきったことに拍手を送りたいです。というのもちょうど読んでいたこの本で、アイススケートの靴紐が原因で、女の子が怪我をしてしまうエピソードがでてきたのです。昨日たまたまテレビをつけたら、ちょうど織田選手の演技がはじまり、リアルタイムで靴紐が切れたところを見てしまいました。そのあと見ていられなくてテレビを消してしまい、ニュースで7位入賞という結果を知って、すごいと思いました。

 なんか最近弱気でだめです。この本も辛くて途中で何度もなげだしそうになりました。

 イギリスのシェフィールドで母親とふたりで暮らしているローザ。いま母とふたりで習っているアイススケートに夢中で、13歳の誕生日に新しいスケート靴を買ってもらうのを楽しみにしている。ところが母が養子で妹がほしくないかと言い出しショックを受ける。母親のことは大好きなのに、ちっとも似ていないことで悩んでいるローザにとっては、自分が愛されていないのではないかと思えるような提案だったのだ。

 タンザニアで暮らす9歳のアベラは、幼いころ父を亡くし、いま妹と母も具合がよくない。遠く離れた病院にアベラは母を連れていくが、そこには医師も薬もなく、ただ死んでいく母をみとることしかできなかった。辛い思いを抱えて祖母のもとにもどると妹も死んでいた。「強い子になるのよ」という母の言葉を支えに生きているアベラのもとに、若いころ国を飛び出した叔父が帰ってくる。

 この傷ついた少女たちが出会うまでのお話ですが、人間の強さと希望を教えてくれます。里親制度や養子縁組について、丁寧に書かれていて、子どもと親が出会いうまくいくまで、本当にきめ細かなサポート体制があるのだと知りました。子どもを社会で育てるというのはこういうことなのかと思いました。育児休暇のようにとる養子縁組休暇もあって、子どもはやく慣れるように仕事を休んで一緒にいられるんですね。

 読んでいて何が辛かったかというと、ローザのお母さんの「あふれるほどの愛情」。自分にはないものにあこがれると共に畏怖を感じてしまって、たびたび読む手がとまってしまったのでした。
 子どもというのは希望なのだと強く感じました。

|

« パーシー・ジャクソン | トップページ | 2月に読んだ本 »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

おちゃわんさん

 こんにちは! みんなそれぞれドラマがありますねぇ。
 この本もおすすめです。貧困とか人種とかいろいろ考えさせられるけど、最後は大きな希望をくれます。ぜひどうぞ。

投稿: 蒼子 | 2010.02.21 20:30

高橋選手! 素晴らしかったですね~shine。リハビリの辛さはどれほどだったろうかと思うと、この結果はどんな金メダルよりも素晴らしい!
織田選手も素晴らしかったです。あの時、会場が凍りつきました。ひもを結びなおしているときの、応援の拍手がとても温かくて思わずweep 良かったです~。
って、そんな話じゃなく、この物語、いいですね~。とても、とても読みたくなりました。ご紹介ありがとうございます。heart04

投稿: おちゃわん | 2010.02.21 16:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/47613945

この記事へのトラックバック一覧です: ライオンとであった少女:

« パーシー・ジャクソン | トップページ | 2月に読んだ本 »