« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.25

距離のとり方

『ふたりの距離の概算』 米澤穂信著 角川書店(2010.06)

 2年生になった古典部のメンバーは、新入生を勧誘するが、仮入部したのはひとり。元気な女の子で、みんなとうまくやっているようだったのに、本入部を前に突然やめるといいだす。その理由を20キロのマラソン大会の最中に推理する奉太郎。ひきとめることはできるのか。

 人との距離のとり方は、むずかしい。新入部員(仮)との一か月足らずのあいだの付き合いの中のどこに問題があったのか、思い出しながら考えていくわけだが、中でもおもしろかったのは、奉太郎の誕生日の部分。考えてみると、高校生は校区がひろがるし、授業時間もふえるしで、友達の家に遊びにいくことなどめったにないことだと思う。なぜ迷わずに奉太郎の家にみんな来れたか、それを隠そうとする奉太郎がおかしかった。
 小学校からの腐れ縁、摩耶花のことを何も知らなくて愕然としたり……(これは奉太郎の性格からしたらしょうがないと思うけど)。マラソンの最中に、これだけ考えるとは、奉太郎もだんだん変わってきているのがよくわかる。いまは物理的な人間関係の距離も大切だけど、ケータイを介した距離も考えないといけないんだなと思った。なんたって、奉太郎も千反田さんもケータイもっていないからね。

 里志と摩耶花の話も気になるけれど、これまでにもいろいろと断片はあったように思う。わたしは順番めちゃくちゃに読んでしまったので、もう一度『氷菓』から一気読みしたら、読み落としていたストーリーが出てきそうな気がする。でもこの先も気になるので、新作が待ち遠しいです。

 

◆米澤穂信読了本の感想
氷菓
愚者のエンドロール
遠まわりする雛
インシテミル
夏期限定トロピカルパフェ
ボトルネック
儚い羊たちの祝宴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.14

テディベアの価値は

『ぼくんちのテディベア騒動』 クリス・ダレーシー作 渡邉了介訳 徳間書店(2010.05)

★2004年度カーネギー賞ロングリスト作品

 ジョエルはチャリティーショップで一目ぼれしてしまったテディベアが捨てられると知り、ゴミ箱からもちかえった。ついていたラベルからホレースと名づけて、スケッチのモデルにしていた。ひょんなことから学校のイベントにやってきた鑑定士にそのテディベアを見せると、思いがけない価値があることがわかった。

 そして家ではお父さんの仕事がうまくいかず、家も手放さなければならないかもしれなくなり、姉は階段から落ちて足をおってしまい、家じゅうが不安に覆われてぎくしゃくしだす。そんな中、ホレースの本当に値打ちを知ろうと、ジョエルはテディベアに詳しいという老人をたずねることにする。

 ぼろぼろのテディベアの謎を中心に、ジョエルの初恋や、お父さんの失業、姉と妹との絆などがからんで、盛りだくさんだけれども、きれいにまとまっています。親友のケニーはお調子ものだけど、がんばりやさんで好感がもてました。

 いろいろな物語もでてくるので、そちらもぜひ読んでもらいたいです。古典の『たのしい川べ』や「パディンントン」シリーズはもちろん、お姉さんが着ているTシャツの『スターガール』もお勧め。続編の『ラブ、スター★ガール』もあります。スパイの代名詞、アレックス・ライダーも日本で紹介されています。

アレックス・ライダーシリーズ感想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.01

6月に読んだ本

6月の読書メーター
読んだ本の数:11冊
読んだページ数:736ページ

図で考えれば文章がうまくなる―「図解文章法」のすすめ図で考えれば文章がうまくなる―「図解文章法」のすすめ
読了日:06月25日 著者:久恒 啓一
ノマはちいさなはつめいか (講談社の翻訳絵本)ノマはちいさなはつめいか (講談社の翻訳絵本)
ノマの表情にやられた~
読了日:06月19日 著者:ヒョン ドク,チョウ ミエ
ひらめきの建築家ガウディひらめきの建築家ガウディ
読了日:06月19日 著者:レイチェル ロドリゲス
アンジェリーナの はるまつり (講談社の翻訳絵本―クラシック・セレクション)アンジェリーナの はるまつり (講談社の翻訳絵本―クラシック・セレクション)
読了日:06月19日 著者:キャサリン・ホラバード,ヘレン・クレイグ
せかいいち おいしいスープ (大型絵本)せかいいち おいしいスープ (大型絵本)
読了日:06月19日 著者:マーシャ・ブラウン
タバサからの贈り物タバサからの贈り物
読了日:06月19日 著者:ダイアン・エルソン
小さな可能性 (児童単行本)小さな可能性 (児童単行本)
・2007年金の石筆賞、2007年金のふくろう児童文学賞、2007年金のふくろう子ども読者賞受賞作。オランダに住むキークのパパは戦場にいって、たくさんの人を助けるお医者さん。キークはいつも無事にパパが帰ってくるのか不安。無事に帰ってくる可能性を少しでも大きくしようと、キークはあることを考えるが……。「不安」とどうおりあいをつけていくか、まわりの大人たちの対応に、大人の役割をあらためて考えさせられた。
読了日:06月12日 著者:マルヨライン ホフ
なかないで、毒きのこちゃん―森のむすめカテジナのはなしなかないで、毒きのこちゃん―森のむすめカテジナのはなし
チェコの森のに住むカテジナと森の生き物たちのちょっぴりふしぎなお話。
読了日:06月12日 著者:デイジー ムラースコヴァー
図書館ラクダがやってくる―子どもたちに本をとどける世界の活動図書館ラクダがやってくる―子どもたちに本をとどける世界の活動
子供が小さかったころ移動図書館のバスにはお世話になったが、世界じゅうにはいろいろな移動図書館があるのだなと関心した。たいとるになっているように、ラクダが運ぶのはケニア。タイではゾウが運び、カナダの北部、北極圏地帯は郵便、フィンランドは船など。どこも本を手にした子供たちの笑顔がすてき。
読了日:06月05日 著者:マーグリート ルアーズ
いそがしいぞ はしれはしれ (まっかなちっちゃいきかんしゃのぼうけん)いそがしいぞ はしれはしれ (まっかなちっちゃいきかんしゃのぼうけん)
読了日:06月05日 著者:ベネディクト・ブラスウェイト
かぞえてかぞえてたんじょうび!かぞえてかぞえてたんじょうび!
読了日:06月05日 著者:ヤーク・ドレーセン

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »