« 久しぶりに驚いた | トップページ | 8月に読んだ本 »

2010.08.31

まだまだ暑い

八月の暑さのなかで

八月の暑さのなかで ホラー短編集 金原瑞人編訳 岩波書店(2010.07)

 8月も終わりだというのに、まだまだ暑いです。少しでも暑さを忘れるためにホラーです(^^;)。はじめて読むものも、何度も読んだものも楽しめました。

「こまっちゃった」エドガー・アラン・ポー原作 金原瑞人翻案
 訳者あとがきにも書いてありますが、江戸川乱歩の『魔術師』にこの中のアイデアがでてくる。アニメ映画の「カリオストロの城」にもあるアイデアがでてきたような。やっぱり怖い。

「八月の暑さのなかで」W・F・ハーヴィー作
 表題作です。はじめて読んだけど、不思議な終わりかたでおもしろかった。

「開け放たれた窓」サキ作
 これをはじめて読んだのは、子どものころの雑誌かなと思う(挿絵があった気がするので)。何度読んでも怖いなぁと思う。

「ブライトンへいく途中で」リチャード・ミドルトン作
 わけのわからない状況から一気に恐怖へ。

「谷の幽霊」ロード・ダンセイニ作
 これは怖いというより、切ない。

「顔」レノックス・ロビンスン作
 大人向けのホラーでしょうか。子どものころ読んでいたら、意味わからなかったと思う。

「もどってきたソフィ・メイソン」E・M・デラフィールド作
 幽霊の話と思いきや、最後はもっと怖いものが。

「後ろから声が」フレドリック・ブラウン作
 最後にぞーっとする。

「ポドロ島」L・P・ハートリー作
 わけがわからないまま、怖い。

「十三階」フランク・グルーバー作
 ホラーです。怖いです(^^;)。

「お願い」ロアルド・ダール作
 これは子どもが読んだほうが怖いかも。誰でもやったことあるんじゃないだろうか。これも何度読んでも好きだなぁ。

「だれかが呼んだ」ジェイムズ・レイヴァー作
 これも最後で落とされる。

「ハリー」ローズマリー・ティンパリ作
 切なくて、怖くて好きです。

|

« 久しぶりに驚いた | トップページ | 8月に読んだ本 »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだまだ暑い:

« 久しぶりに驚いた | トップページ | 8月に読んだ本 »