« 音楽の力 | トップページ | まだまだ暑い »

2010.08.10

久しぶりに驚いた

『創世の島』バーナード・ベケット作 小野田和子訳 早川書房(2010.6.15)

★2007年エスター・グレン賞受賞
★2007年ニュージーランド・ポスト児童書及びヤングアダルト(YA)小説賞 YA小説部門受賞

 アカデミー入学試験のために、4時間もの口頭試問を受けるひとりの少女、アナクシマンドロス。試験のテーマは「アダム・フォード」。21世紀末、世界大戦と疫病によって人類は危機に瀕したが、大富豪プラトンが建設した共和国の島だけが、徹底的な外部との隔離によって生きのびた。海にはフェンスがはりめぐらされ、つねに外部からの侵入者を監視し、見つけ次第射殺する。共和国の人々はゲノム情報から、労働者、戦士、技術者、特権階級の哲学者と厳密にわけられた階級制度によって管理されていた。南のフェンスを監視していたアダム・フォードは、ある日船で漂流していた少女を助けたことで伝説となった人物だった。

 無表情な試験管とアナクシマンドロスとの緊張感あふれる対話から、徐々に共和国の建国の経緯や社会構造がわかってくる。そして後半は、人工知能を学習させるという、奇妙な刑を受けたアダム・フォードと、人工知能アートとの対話がつづく。驚愕の結末のあと、読み直すと細かく伏線がはられていたことにまた驚く。
 後味については、賛否両論あるだろうが、緻密に構成された物語という点ではとてもおもしろかった。あまり書くとネタバレになってしまうので、とにかく読んでみてください。

|

« 音楽の力 | トップページ | まだまだ暑い »

SF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに驚いた:

« 音楽の力 | トップページ | まだまだ暑い »