« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010.09.23

フロリダ・パンサー

『SCAT スキャット』 カール・ハイアセン作 千葉茂樹訳 理論社(2010.08)

 トゥルーマン学園に通う中学生のニックは憂鬱だった。学園で一番こわいスターチ先生の生物の授業がある。その日は、スモークと呼ばれる生徒が先生といさかいを起こし、クラスじゅうが凍りついた。
 家に帰ってさっそくメールをチェックする。毎朝メールをくれていた、イラクに州兵軍の大尉として駐屯している父親から、もう3日も連絡がないのだ。翌日も朝4時からパソコンに張りついていたが、やはりメールはこなかった。
 そんなわけで、ニックは眠たい目をこすりながら校外学習に参加した。ニックと友達のマータは、スモークがきていないことに気がついて、少しほっとしていた。昨日の授業でのスモークは怖かったのだ。昼食をとったあと、山火事が起こる。先生の先導で、学校に帰ることになった。スターチ先生は生徒のひとりが落とした薬を取りにひとりでもどった。それ以来スターチ先生は行方不明になってしまう。そして山火事が放火とわかり、前日先生といさかいを起こしたスモークに嫌疑がかかる。ニックはどうしても気になってスターチ先生の家まで行ってみるのだが……。

 本当に変な人ばかりでてくるけど、みなそろぞれ抱えているものがあって、それがうまくからみ合っていくところがおもしろい。スターチ先生には、家じゅう動物の剥製だらけだとか、離婚した旦那さんが生きているのか死んでいるのかわからないとか、家で蛇を75匹飼っているといった噂と授業のきびしさで恐れられている。スモークはこれまでに2回放火をして執行猶予中。ニックはそんなふたりの別の面に、事件を通して気づいていく。
 そして、このスターチ先生の行方不明事件が、やがて絶滅危惧種のフロリダ・パンサーへとつながっていく。
 またニックの父親を通して、イラク派兵への鋭い批判がこめられている。日本にいると、戦争は遠い世界の話だと思ってしまいがちだが、アメリカやそのほかの国でも、いまも戦争に行っている兵士と心配している家族がいるのだと思い知らされた。

 作者の動物たちに対する愛情と、絶滅危惧種にたいする危機感をひしひしと感じた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.09

正義の代償

『わたしは、わたし』ジャクリーン・ウッドソン作 さくまゆみこ訳 鈴木出版(2010.07)

★2002年全米図書賞最終候補作

 白人の警察官が、黒人の少年を射殺する事件が起きた。それを目撃した黒人の警官は、少年はただ手をあげただけで射殺はまちがいだと主張する。その証言をするかどうかで悩むうちに、家には脅迫電話がかかり、銃弾が打ち込まれ、家族も追いこまれていく。黒人だから殺されてしまった少年に自分の娘をかさねて、証言すると決心した父親は、「証人保護プログラム」をうけ、一家で名前も家も友人たちも、すべてをすてて、新しい土地で生活することになる。13歳と12歳の娘たちは、新しい生活に納得できない。父親はうつ状態になり、母親は宗教に救いをもとめ、家族の心もばらばらになっていく。

 警官として、誇りをもって仕事をしてきたお父さん。けれど正義をつらぬいた結果、それまでのすべてを失った新しい生活に希望を見出せず、うつ状態になってしまうのです。教師をしてたお母さんは、宗教に救いを求めます。娘たちはそれを冷やかに見ています。娘たちにとって宗教は救いにはなりませんでした。家族全員、お父さんがしたことは正しいとわかっていても、なぜ自分たちがすべてを失わなければならないのか、なぜ目撃したのがお父さんだったのだろうと、思い悩みます。

 お父さんの「どっちを選んでも大まちがいなんだからな」という言葉が、ずっとつきまといます。ほんとうに難しい問題で、もし自分だったらと思うとそこで思考が停止してしまいます。それでも選んだことを後悔しないためには、自分自身が何とかしなければならないのと伝わってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.01

8月に読んだ本

8月の読書メーター
読んだ本の数:17冊
読んだページ数:1053ページ

よめたよ、リトル先生よめたよ、リトル先生
著者自身がADHDであり、子どものころにであったリトル先生から本を読む喜びを教えてもらった話。一冊の本に出会い、自分の体験と照らし合わせて、さらに知りたいという欲求をもち、一冊読み通すようすに引きこまれた。
読了日:08月25日 著者:ダグラス ウッド
ぞうはわすれないよぞうはわすれないよ
読了日:08月25日 著者:アヌシュカ ラヴィシャンカール
あかちゃんにあえる日 (わくわく世界の絵本)あかちゃんにあえる日 (わくわく世界の絵本)
読了日:08月25日 著者:キンバリー・ウィリス ホルト
マクドナルドさんのやさいアパートマクドナルドさんのやさいアパート
読了日:08月25日 著者:ジュディ・バレット
エイモスさんがかぜをひくとエイモスさんがかぜをひくと
読了日:08月25日 著者:フィリップ C・ステッド
あいつは トラだ! ~ベリゼールの はなし~ (講談社の翻訳絵本)あいつは トラだ! ~ベリゼールの はなし~ (講談社の翻訳絵本)
子どもたちの機転がよいです。
読了日:08月25日 著者:ガエタン・ドレムス
ちいさなうさぎ2  きみにあいにきたよ (ポプラせかいの絵本)ちいさなうさぎ2 きみにあいにきたよ (ポプラせかいの絵本)
読了日:08月25日 著者:
ちいさなうさぎ つきのよるのおやくそく (ポプラせかいの絵本)ちいさなうさぎ つきのよるのおやくそく (ポプラせかいの絵本)
読了日:08月25日 著者:ナタリー ラッセル
八月の暑さのなかで――ホラー短編集 (岩波少年文庫)八月の暑さのなかで――ホラー短編集 (岩波少年文庫)
奇妙な味の作品で好みです。「開け放たれた窓」と「お願い」は何度読んでもいいなぁ。「だれかが呼んだ」もひねりがきいてておもしろい。
読了日:08月23日 著者:
アキンボと毒ヘビ (文研ブックランド)アキンボと毒ヘビ (文研ブックランド)
読了日:08月12日 著者:アレグザンダー・マコール スミス
ヒヤシンスひめ―そらにうかんだおんなのこのあっとおどろくおはなしヒヤシンスひめ―そらにうかんだおんなのこのあっとおどろくおはなし
からだが浮いてしまうお姫さまがとってもかわいい。
読了日:08月11日 著者:フローレンス・パリー ハイド
マグナス・マクシマス、なんでもはかりますマグナス・マクシマス、なんでもはかります
読了日:08月11日 著者:キャスリーン T.ペリー
創世の島創世の島
アカデミーに入るために試験を受ける少女と、試験官3人の会話から浮かびあがる社会。ラストはびっくりしました。読んでよかった。
読了日:08月08日 著者:バーナード ベケット
ガラガラヘビの味――アメリカ子ども詩集 (岩波少年文庫)ガラガラヘビの味――アメリカ子ども詩集 (岩波少年文庫)
訳者が選んだ29人とよみ人しらずの先住民の詩集。巻末の共訳作業のようすも興味深かった。
読了日:08月05日 著者:
おしゃれがしたいビントゥ (アジア・アフリカ絵本シリーズ アフリカ)おしゃれがしたいビントゥ (アジア・アフリカ絵本シリーズ アフリカ)
読了日:08月03日 著者:シルヴィアン・A. ディウフ
モーツァルトはおことわりモーツァルトはおことわり
世界的なバイオリニストにインタビューすることになったが、モーツァルトについては質問してはいけないという。その理由はナチスの強制収容所であった悲しい出来事にあった。人間はどこまで残酷になれるのだろうと思った。
読了日:08月02日 著者:マイケル モーパーコ
きょうはソンミのうちでキムチをつけるひ!きょうはソンミのうちでキムチをつけるひ!
はじめて自家製キムチをいただいて、作り方教えてもらったときのこと思い出した。でもなかなか自分では作れない。
読了日:08月01日 著者:チェ インソン

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »