« 正義の代償 | トップページ | 9月に読んだ本 »

2010.09.23

フロリダ・パンサー

『SCAT スキャット』 カール・ハイアセン作 千葉茂樹訳 理論社(2010.08)

 トゥルーマン学園に通う中学生のニックは憂鬱だった。学園で一番こわいスターチ先生の生物の授業がある。その日は、スモークと呼ばれる生徒が先生といさかいを起こし、クラスじゅうが凍りついた。
 家に帰ってさっそくメールをチェックする。毎朝メールをくれていた、イラクに州兵軍の大尉として駐屯している父親から、もう3日も連絡がないのだ。翌日も朝4時からパソコンに張りついていたが、やはりメールはこなかった。
 そんなわけで、ニックは眠たい目をこすりながら校外学習に参加した。ニックと友達のマータは、スモークがきていないことに気がついて、少しほっとしていた。昨日の授業でのスモークは怖かったのだ。昼食をとったあと、山火事が起こる。先生の先導で、学校に帰ることになった。スターチ先生は生徒のひとりが落とした薬を取りにひとりでもどった。それ以来スターチ先生は行方不明になってしまう。そして山火事が放火とわかり、前日先生といさかいを起こしたスモークに嫌疑がかかる。ニックはどうしても気になってスターチ先生の家まで行ってみるのだが……。

 本当に変な人ばかりでてくるけど、みなそろぞれ抱えているものがあって、それがうまくからみ合っていくところがおもしろい。スターチ先生には、家じゅう動物の剥製だらけだとか、離婚した旦那さんが生きているのか死んでいるのかわからないとか、家で蛇を75匹飼っているといった噂と授業のきびしさで恐れられている。スモークはこれまでに2回放火をして執行猶予中。ニックはそんなふたりの別の面に、事件を通して気づいていく。
 そして、このスターチ先生の行方不明事件が、やがて絶滅危惧種のフロリダ・パンサーへとつながっていく。
 またニックの父親を通して、イラク派兵への鋭い批判がこめられている。日本にいると、戦争は遠い世界の話だと思ってしまいがちだが、アメリカやそのほかの国でも、いまも戦争に行っている兵士と心配している家族がいるのだと思い知らされた。

 作者の動物たちに対する愛情と、絶滅危惧種にたいする危機感をひしひしと感じた。

|

« 正義の代償 | トップページ | 9月に読んだ本 »

ミステリ」カテゴリの記事

コメント

おちゃわんさん

 こんにちは。もう読み終わったでしょうか。スターチ先生は予想どおりでしたかhappy01
 最近日本でも話題のツキノワグマが絶滅危惧種だというのをテレビで知って(なんと九州と四国ではもう絶滅しているそうです)、共存していくのも大変だなと思いました。かみつき猿のニュースをみたときは『ぼくのかわいいおさるちゃん』 (ウルフ・ニルソン作 クリスティーナ・ディーグマン絵 菱木晃子訳 岩崎書店)思い出しました。

投稿: 蒼子 | 2010.10.17 09:57

happy01こんにちわ
今、この本をやっと図書館で借りて読んでます。
カール・ハイアセンといえば、なんといってもHOOTで、あなほりふくろうのおもしろい生態に感激したものです。
半分まで読んだところで、スターチ先生はもしかして~と推理するのも楽しいです。heart04

投稿: おちゃわん | 2010.10.16 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/49535011

この記事へのトラックバック一覧です: フロリダ・パンサー:

« 正義の代償 | トップページ | 9月に読んだ本 »