« 不可思議 | トップページ | 10月に読んだ本 »

2010.10.16

怖いもの

『11をさがして』 パトリシア・ライリー・ギフ作 岡本さゆり訳 文研出版(2010.09)
★2009年MWA賞(エドガー賞)児童図書賞候補作

 サムは11歳の誕生日の前日、屋根裏部屋で古い新聞記事を見つけた。そこに載っている写真は幼いころの自分だった。しかしディスレクシアという学習障害があるサムに読めたのは missing の文字だけ。missing って、行方不明? しかもその下にある名前はサム・べル。サムの名字はマッケンジーのはず。自分は誘拐されたのだろうか? いま一緒に住んでいる祖父のマックとは、どういう関係なのだろうと、サムは思い悩む。そして異様に11を恐れることも気になりだす。もしここから出て行かなければならなくなったらと思うと、マックに問いただすこともできず、問題の新聞記事を読んでもらおうと、サムは転校生のキャロラインに声をかける。

 学習障害があるために、文字を読む授業をべつに受けているが、読むことをあきらめてしまっているサム。声をかけたキャロラインは、父親の仕事の都合で転校を繰り返していて、ここにも数か月しかいられないので、誰とも親しくなりたくないと思っている。ふたりは中世フェスティバルで一緒に城の模型をつくることになり、お互いをだんだん理解するようになっていく。そこにサムの謎がからむ。

 うまく伏線がはってあって、ミステリとしても面白い。サムとキャロラインが出会い、サムの謎を調べていくうちに、自分たちにたりないものに気づき、前向きになっていくところがさわやかでよかった。

|

« 不可思議 | トップページ | 10月に読んだ本 »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/49755854

この記事へのトラックバック一覧です: 怖いもの:

« 不可思議 | トップページ | 10月に読んだ本 »