« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010.12.19

うそとほんとう

『フォスターさんの郵便配達』エリアセル・カンシーノ作 宇野和美訳 偕成社(2010.11)
★2009年アランダール賞受賞作

 1960年代のスペインの小さな漁村が舞台。母を亡くしてから、父にうとまれ、うそをつくようになったペリーコ。学校にもうそをついていかなくなってしまった。そんなある日イギリス人のフォスターさんと出会う。村の大人たちは、得たいのしれないフォスターさんと距離を置いているが、フォスターさんあての郵便物がたまっていると知ったペリーコは、郵便局からフォスターさんの家に届ける役をかってでた。

 内戦後のフランコ軍事政権下で、大人たちは異質なフォスターさんやよそ者でなめし革職人のイスマエルに猜疑の目をむけている。母を亡くしてから学校も休みがちなペリーコは、友達からも距離をおくようになり孤独だった。大人であるフォスターさんやイスマエルとの交流を通して、物事が見えている一面だけではないことを知っていく。

 ペリーコはだまってうなずいていたが、心の中では、エフレン警部のいうなりになるもんか、と思っていた。フォスターさんやべジータのいうことだって、ききたくない。みんな、わるいのは自分ではなく、だれかだという。じゃあいったいだれのいうことが正しいんだ?  これからは、自分の考えをもつようにしよう。人を判断するときにたよりにすべきなのは自分だけだと、ペリーコは思った。(201ページ)

 内戦後の重苦しい時代の雰囲気を漂わせながら、浜辺に流れ着いたものをひろう冒頭の場面から、きらきらとした情景がまじりあって、静かに心にしみこんでくるようなお話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.15

記録は簡単に

『アウトプット・リーディング 本から学んだことを血肉化する新・読書テクニック!』小林亮介著 マガジンハウス(2010.10)

 読書記録をつけるのは、以外に面倒。でも記録しておかないと、読んだこと忘れて同じ本を買ってしまうことはよくある。本書では読書記録をtwitterをつかって、気軽につけようというもの。そのための役に立つサイトも多数紹介されている。
 わたしがいいなと思ったものをここに貼り付けておく。

ツイート・メール
ツイート・レター

以上、登録した twitter アカウントのツイートを一日分メールしてくれる。バックアップにもなるし、検索にも便利。

Inbook

本からの引用を登録できる。twitter からも投稿可。さっそくこのブログにも貼り付けてみました。(右上)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.01

11月に読んだ本

11月の読書メーター
読んだ本の数:12冊
読んだページ数:1045ページ

キッド・ピストルズの醜態キッド・ピストルズの醜態
読了日:11月28日 著者:山口 雅也
希望の木希望の木
読了日:11月23日 著者:カレン・リン・ウィリアムズ
雲じゃらしの時間雲じゃらしの時間
詩で語られるサムの話はとってもつらいけど、ことばによって生きる力の強さを感じさせてくれる。
読了日:11月20日 著者:マロリー ブラックマン
キンコンカンせんそう (講談社の翻訳絵本)キンコンカンせんそう (講談社の翻訳絵本)
読了日:11月19日 著者:ジャンニ・ロダーリ,ペフ
アマンダとくまの子 (ターシャ・テューダー クラシックコレクション)アマンダとくまの子 (ターシャ・テューダー クラシックコレクション)
読了日:11月14日 著者:ターシャ・テューダー
赤ちゃんは魔女赤ちゃんは魔女
ゼップ家ののんびりした雰囲気が楽しい。
読了日:11月10日 著者:ビアンカ・ピッツォルノ
フリードリヒばあさんフリードリヒばあさん
読了日:11月09日 著者:ハインツ ヤーニッシュ
カエデ騎士団と月の精 (児童図書館・文学の部屋)カエデ騎士団と月の精 (児童図書館・文学の部屋)
 手放したくないものと引き換えに、願い事をかなえてくれるとしたら、何を差し出しますか。ほんとうに大切なものは何かを考えさせてくれる。
読了日:11月07日 著者:リーッカ ヤンッティ
だいすきだよ、オルヤンおじいちゃんだいすきだよ、オルヤンおじいちゃん
読了日:11月06日 著者:カミラ・ボルイストレム
魔女とケーキ人形魔女とケーキ人形
読了日:11月05日 著者:デイヴィッド・ルーカス
鳥に魅せられた少年―鳥類研究家オーデュボンの物語 (わくわく世界の絵本)鳥に魅せられた少年―鳥類研究家オーデュボンの物語 (わくわく世界の絵本)
読了日:11月05日 著者:ジャックリーン・デビース
アニーのかさアニーのかさ
かさをとじてみる太陽の輝きは、以前とは違う輝きになると思いました。
読了日:11月04日 著者:リサ・グラフ

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »