« 記録は簡単に | トップページ | あけおめ&12月に読んだ本 »

2010.12.19

うそとほんとう

『フォスターさんの郵便配達』エリアセル・カンシーノ作 宇野和美訳 偕成社(2010.11)
★2009年アランダール賞受賞作

 1960年代のスペインの小さな漁村が舞台。母を亡くしてから、父にうとまれ、うそをつくようになったペリーコ。学校にもうそをついていかなくなってしまった。そんなある日イギリス人のフォスターさんと出会う。村の大人たちは、得たいのしれないフォスターさんと距離を置いているが、フォスターさんあての郵便物がたまっていると知ったペリーコは、郵便局からフォスターさんの家に届ける役をかってでた。

 内戦後のフランコ軍事政権下で、大人たちは異質なフォスターさんやよそ者でなめし革職人のイスマエルに猜疑の目をむけている。母を亡くしてから学校も休みがちなペリーコは、友達からも距離をおくようになり孤独だった。大人であるフォスターさんやイスマエルとの交流を通して、物事が見えている一面だけではないことを知っていく。

 ペリーコはだまってうなずいていたが、心の中では、エフレン警部のいうなりになるもんか、と思っていた。フォスターさんやべジータのいうことだって、ききたくない。みんな、わるいのは自分ではなく、だれかだという。じゃあいったいだれのいうことが正しいんだ?  これからは、自分の考えをもつようにしよう。人を判断するときにたよりにすべきなのは自分だけだと、ペリーコは思った。(201ページ)

 内戦後の重苦しい時代の雰囲気を漂わせながら、浜辺に流れ着いたものをひろう冒頭の場面から、きらきらとした情景がまじりあって、静かに心にしみこんでくるようなお話でした。

|

« 記録は簡単に | トップページ | あけおめ&12月に読んだ本 »

児童読み物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/50342855

この記事へのトラックバック一覧です: うそとほんとう:

« 記録は簡単に | トップページ | あけおめ&12月に読んだ本 »