« あけおめ&12月に読んだ本 | トップページ | 2月に読んだ本 »

2011.02.01

1月に読んだ本

いろいろやばい、もう2月。

1月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:525ページ

たくさんのドアたくさんのドア
読了日:01月31日 著者:アリスン・マギー
ぶた パリへいくぶた パリへいく
読了日:01月28日 著者:ユリア ヴォリ
おかあさんは、なにしてる?おかあさんは、なにしてる?
読了日:01月21日 著者:ドロシー・マリノ
忘れないよリトル・ジョッシュ (文研じゅべにーる)忘れないよリトル・ジョッシュ (文研じゅべにーる)
2002年チルドレンズ・ブック賞受賞作。2001年に作者が経験した口蹄疫の被害をもとにした作品。去年の宮崎の口蹄疫を思い出して、胸が痛くなった。タイトルのリトル・ジョッシュは主人公のベッキーがはじめて出産させた羊。農場の豚が感染したため、すべてを銃殺して焼却処分する場面は、とてもつらい。それでも作者は希望を捨てないでとうったえかけてくる。
読了日:01月18日 著者:マイケル モーパーゴ
墓場の少年  ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活墓場の少年 ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活
カーネギー賞、ニューベリー賞ほか多数の賞を受賞。一家が惨殺され、ただひとり残った赤ん坊を助けたのは幽霊だった。幽霊と死者でも生者でもないサイラスを後見人として、ボッドは墓場で育つ。墓場の外では、まだ家族を殺した“ジャック”がボッドの命を狙っているのだ。謎と冒険、出会いと別れ、恐怖など奇妙で不思議なボッドの物語。生きる力にあふれている。
読了日:01月16日 著者:ニール・ゲイマン
ぼくの図書館カードぼくの図書館カード
新日本出版社の「本」をテーマにしたシリーズ。『ぼくが一番望むこと』『わたしのとくべつな場所』につづくこの本は作家リチャード・ライトの自伝のエピソードをもとにしたそうだ。黒人であるために図書館カードがつくれない少年が考えた方法とは。そして少年は図書館の本で学び、自立をはたす。同じシリーズの『ママ、お話読んで』も読みたいと思った。
読了日:01月15日 著者:ウィリアム ミラー,グレゴリー クリスティ
クリスマスにやってくるのは?クリスマスにやってくるのは?
読了日:01月13日 著者:ケイト バンクス
ねないこティップ (ティリーとおともだちブック)ねないこティップ (ティリーとおともだちブック)
読了日:01月10日 著者:ポリー・ダンバー
どろんこのおともだちどろんこのおともだち
外で遊ぶのが大好きなシャーロットのもとに届いたお人形は、レースふりふりのかわいらしいものでした。でもシャーロットは外でいっしょに遊びます。絵もお話も素敵で、とても幸せな気持ちになれる絵本。
読了日:01月06日 著者:バーバラ・マクリントック

読書メーター

|

« あけおめ&12月に読んだ本 | トップページ | 2月に読んだ本 »

読了本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/13123/50744482

この記事へのトラックバック一覧です: 1月に読んだ本:

« あけおめ&12月に読んだ本 | トップページ | 2月に読んだ本 »