映画

2006.03.11

映画「ナルニア国物語」

読破ページ数【10】

 映画「ナルニア国物語」を観てきた。
 初めて「ナルニア国ものがたり」全7巻を読んだのは、小学校5年生から6年生にかけてだったと思う。きっかけは図書館のおはなし会。毎週土曜日図書館に通って、おはなし会を聞いていた。丸い部屋でじゅうたんが敷いてあって、すり鉢上に段になっていて、そこに座っておはなしを聞く。いちばん底に司書さん(? だったと思う)が座って、絵本を読んだり、お話をしたりしてくれたのだった。最後に、本を紹介してくれた。その中の1冊が「ナルニア国ものがたり」だったというわけ。7巻のシリーズだと知り、帰りに借りて帰って夢中で一気に読んだのを覚えている。それからも何度か読み返し、大人になってからも読み返し、子どもが読むようになって4年前に岩波少年文庫版をそろえた(映画化決まってカラー版が出たときはちょっとショックだった)。娘と同じ物語について話し合い、そして映画を見ることになろうとは。ハリ・ポタもそうなんだけど、あれはわたしのほうは大人になってから読んだので、ちょっと思い入れが違う。最初から大人の目で読んだ話だから。でもナルニアは自分も小学生のとき読んだわけで、子どものとき感じたことを子どもも感じるのだろうかと興味深かった。

 そして、○十年後に子どもといっしょに映画を観ることになるとは。なぜ初めて読んだときのことを書いたかというと、映画を観て感じたのが、最初に読んだとき思ったことだったから。ルーシーが衣装だんすから、雪の中にでたときのおどろき(小学生の時は、何度か押入れからナルニアにつながっていないかと試してみたものだった。うちには人が入れるような衣装だんすなんてなかったから)。あれは初めて『ライオンと魔女』を読んだとき思い描いた絵そのままだった。ピーターの初陣や、アスランの背中にのって走るところとか。映画では台詞がなくても、邦訳のことばが頭の中に響いている感じ。原作に忠実だったということなのだろう。わたしとしては満足。『カスピアン王子のつのぶえ』も映画化されるとのこと。これが7巻の中で一番好きだったのでうれしいな。タナムスさんがよかったので、リーピチープがどうなるのか楽しみ。

 そういえば、アーサー・ランサムも先のおはなし会で教えてもらって、読んだのだけど、ツバメ号も4人きょうだい(正確には5人か)。わたしは弟と妹がいる長女なので、どちらの物語もスーザンに感情移入して読んでいたなぁ。ピーターやジョンのようなお兄さんがほしかったのだった。とまぁ、いろいろと子どものころ思っていたことを思い出した映画でした。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・訳す(書く)       2枚  750/2000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.07.17

暑い~

読破ページ数【50】

 今日は「スターウォーズ・エピソード3」を観てきました(^^)。アナキンが仮面をかぶってダース・ベイダーとなってしまうところは、じんとしてしまった。最初のエピソード4が公開されたのは、わたしが中3のときでした。今中3の息子といっしょに完結編を観ることになるなんて。
 そうそう、予告編はハリポタ4と、ナルニアだった! ナルニアの風景の美しいこと。ぞくぞくした。こちらも子どものころ愛読した本が、今映像化されて子どもといっしょに(たぶん)観ることになるのは、感慨深いものがある。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)           629/2000
・読む(原書)   50ページ   3605/5000
・「英文和訳演習(中級篇)」    16/24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.11.23

映画「ハウル」(ネタバレあり)

「ハウルの動く城」を娘と観てきた。原作を読んだあと、映画化の話をきいて、ふたりで楽しみにしていた作品。第一印象は宮崎アニメの集大成、でしょうか。これまでの映画作品のあんな場面やこんな場面を彷彿とさせる場面が盛りだくさん。声も違和感なく観ることができた。原作とはやはり別物としてみたほうがいいでしょう。娘はぜひ続編も映画にならないかな、といっているけど、どうでしょうね~。

 以下ネタバレ。
 一番の不満はソフィーの魔法能力がかかれていなかったこと。これがないと、最後の結末がご都合主義にみえてしまうし、ソフィーの心をこめたセリフが活きてこないように思う。
 原作のエッセンスは階段シーンにあるんじゃないかと思った。ジョーンズ作品に一貫しているのは、「みずからが気づくこと」だと思っているので、階段を登るところで、ソフィーはみずからの足で歩き、ハウルの真の姿に気がついたのだろう。ここから、ソフィーの姿がいろいろと変わるんですよね。この階段場面は同じジョーンズの『時の町の伝説』のあの場面を思い出した。ハウルにもこんな場面あったかしら。もう一度読まなくては。

 原作ではあまりでてこなかった戦争については、いろいろと考えさせられた。映画館への行き帰りで『臆病者と呼ばれても 良心的兵役拒否者たちの戦い』を読んだので、敵か味方かと聞くソフィーに対して、ハウルが「どちらでも同じことさ。……人殺し共め」とこたえたところは心に残った。戦争についてこんな描き方をしたのは、やはり今という時だからだろうか。ハウルは黒い羽だったけど、『臆病者~』には、良心的兵役拒否者にたいして白い羽が渡されたというエピソードがでてくる。なんだか妙にわたしのなかでシンクロしてしまった。

 よかったのは、ハウルとソフィーの出会いのシーン。ハウルかっこいい! 原作を読んだときは、1回目ではよくわかっていなくて、2回目に読んでようやくわかったので、この出会いのシーンはうれしい。あとマルクルも原作より幼くなっていたけど、かわいくてよかったなぁ。

◆◇ ただいまの走行距離 ◇◆

・書く(訳す)            548.5/2000
・読む(原書)  23ページ     404/5000
・「英文和訳演習(中級篇)」     7/24

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2004.08.12

サンダーバード

 今日は映画『サンダーバード』を観に行った。オリジナルTVシリーズで育ったわたしとしては、もっとメカの活躍が観たかった。子どものころいくつプラモデルをつくっただろう。椰子の木がたおれて2号が、プールから1号が飛びたつところは興奮してしまう。残念なのはピンクのロールスロイス(>_<)。レディ・ペネロープがフォードに乗るなんて。
 アランが主人公なので、お兄さんたちの出番が少ない。子どものころはジョンにあこがれていたんだけどなあ。レディ・ペネロープは、ゴージャスでエージェントらしくてなかなかよかった。アランの成長物語としてみれば、なかなか楽しめる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)