読了本

2017.03.01

2月に読んだ本

2月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:802ナイス数:32

スピニー通りの秘密の絵スピニー通りの秘密の絵感想死に際に「卵の下を探せ」という言葉を残した祖父。そこから絵画の謎を追うミステリーに。そして調べるうちに祖父の過去も明らかになっていく展開がスリリング。友人になったボーディとともに、いろいろな人の助けを借りて調べていく過程は読みごたえがあった。読了日:02月25日 著者:ローラ・マックス・フィッツジェラルド
カラフルカラフル感想みんないろいろな色の絵の具をもっているというところに素直に感動。読了日:02月22日 著者:森 絵都
ないしょのかくれんぼないしょのかくれんぼ感想マリアのおうちもネズネズのおうちもとってもすてきで、じっと見入ってしまう。読了日:02月12日 著者:バーバラ・マクリントック絵,ビバリー・ドノフリオ文
おおきくなりたいのおおきくなりたいの読了日:02月12日 著者:マーガリータ エンゲル
おじいちゃん、おぼえてる?おじいちゃん、おぼえてる?感想孫娘がくりかえす、「わたしのことおぼえてる?」が切ない。でも新聞の帽子の折り方はおぼえている。新聞の絵がマイクロフィルムの画像を鉛筆でトレースしたものだというからおどろき。読了日:02月12日 著者:フィル カミングス
おじいちゃんのコート (海外秀作絵本)おじいちゃんのコート (海外秀作絵本)感想移民としてアメリカにわたって来たおじいちゃんが、コートを作り、大切に使っていく、心温まるお話。読了日:02月08日 著者:ジム エイルズワース
クモの糸でバイオリン (岩波科学ライブラリー)クモの糸でバイオリン (岩波科学ライブラリー)感想人間の好奇心ってすごいなぁ。クモの糸のバイオリンの音色をきいてみたい。読了日:02月03日 著者:大崎 茂芳
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.03

1月に読んだ本

1月の読書メーター読んだ本の数:7読んだページ数:1553ナイス数:49

ふたりはバレリーナふたりはバレリーナ感想あこがれて、好きになって、自分もその道に。いいなぁ。読了日:01月25日 著者:バーバラ・マクリントック
怪盗紳士モンモランシー2 (ロンドン連続爆破事件) (創元推理文庫)怪盗紳士モンモランシー2 (ロンドン連続爆破事件) (創元推理文庫)感想薬物中道になってしまったモンモランシーと、公開手術に失敗してすっかり自信をなくした医師ロバート。共通の友人であり、お互いの関係をうすうす気づいているジョージが奔走。1巻より展開がはやく楽しめた。読了日:01月25日 著者:エレナー・アップデール
ジョージと秘密のメリッサジョージと秘密のメリッサ感想トランスジェンダーについて、理解が深まった。母親の気持ちもよくわかる。必要なときに必要な言葉をかけられるのはすごいことだと思った。読了日:01月21日 著者:アレックス・ジーノ
さよならソルシエ 全2巻コミックセット (フラワーコミックスアルファ) [コミック] by 穂積 [コミック] by 穂積 [コミック] [Jan 01,...さよならソルシエ 全2巻コミックセット (フラワーコミックスアルファ) [コミック] by 穂積 [コミック] by 穂積 [コミック] [Jan 01,...感想ゴッホの話。絵も好みだし、圧倒されているうちに一気に読んだ。面白かった。読了日:01月19日 著者:穂積
怪盗紳士モンモランシー (創元推理文庫)怪盗紳士モンモランシー (創元推理文庫)感想瀕死の重傷を負った泥棒が、野心家の医者に命を救われる。盗みで稼いだ金を、怪しまれずに使うために昼間は紳士となる。好奇心があるからこその二重生活がおもしろかった。読了日:01月17日 著者:エレナー・アップデール
優しい死神の飼い方 (光文社文庫)優しい死神の飼い方 (光文社文庫)読了日:01月04日 著者:知念 実希人
小説 君の名は。 (角川文庫)小説 君の名は。 (角川文庫)感想映画見てから読むと、答え合わせみたいで、心情がよくわかった。現代の神話だなあと思った。読了日:01月03日 著者:新海 誠
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.12.01

11月に読んだ本

11月の読書メーター読んだ本の数:3読んだページ数:764ナイス数:37

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)読了日:11月26日 著者:森見 登美彦
アンと青春アンと青春感想アンちゃんの成長がほほえましい。感情を「言葉」にだすことの怖さも感じた。和菓子おいしそう。読了日:11月24日 著者:坂木 司
スクラップ・アンド・ビルドスクラップ・アンド・ビルド感想生きていくのはたいへんだけど、かといって死ぬ勇気もない。おじいちゃんも、健斗もお母さんもみんな揺れ動いていて、それが当然だと納得した。終わりがみえない苦しさのなかで、つねに同じ考えでいることはできないだろうなぁと。読了日:11月06日 著者:羽田 圭介
読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.01

10月に読んだ本

2016年10月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:528ページ
ナイス数:34ナイス

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)夜を乗り越える(小学館よしもと新書)感想
考えて考えて文章を書いているのが伝わってきた。
読了日:10月30日 著者:又吉直樹
ダールのおいしい?!レストラン: 物語のお料理フルコース (ロアルド・ダールコレクション)ダールのおいしい?!レストラン: 物語のお料理フルコース (ロアルド・ダールコレクション)感想
作るのは大変そうだけど、読むのは面白い。
読了日:10月23日 著者:フェリシティー・ダール
異類婚姻譚異類婚姻譚感想
なんだかすごく共感できるというか、「ふと」思ってしまう瞬間が怖いような、納得できるような不思議な話ばかりでした。
読了日:10月20日 著者:本谷有希子

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.01

9月に読んだ本

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:316ページ
ナイス数:17ナイス

何様何様感想
『何者』で初めて読んだが、読点の使い方が新鮮ではまる。もやもやした感覚をはっきりと言葉にしてくれるような爽快感とともに、ひりひりとした切なさを感じてしまう。
読了日:9月27日 著者:朝井リョウ

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.01

7月に読んだ本

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:109ページ
ナイス数:6ナイス

十三番目の子 (児童単行本)十三番目の子 (児童単行本)感想
民話のような話。憎しみと愛が人を生かしもし殺すのだなあと思った。
読了日:7月8日 著者:シヴォーンダウド

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.02

6月に読んだ本

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:450ページ
ナイス数:7ナイス

わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)わたしを離さないで (ハヤカワepi文庫)
読了日:6月16日 著者:カズオ・イシグロ

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.01

5月に読んだ本

2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:1冊
読んだページ数:323ページ
ナイス数:8ナイス

菩提樹荘の殺人 (文春文庫)菩提樹荘の殺人 (文春文庫)感想
解説まで楽しく読めた。やっぱり作家アリスシリーズは好きだ。
読了日:5月6日 著者:有栖川有栖

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.01

4月に読んだ本

2016年4月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:921ページ
ナイス数:9ナイス

ツバメ号とアマゾン号(下) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)ツバメ号とアマゾン号(下) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)感想
小学生のときと中学生のとき読んで以来の再読。新訳で新鮮な気持ちで読んだが、あらためてすばらしい物語だと感じた。子供のころはどっぷりはまって、「ごっこ遊び」の楽しさやどきどき感を満喫したが、大人になってから読むと、子供たちを信じて見守っていた大人の描きかたもみごと。空想と現実のさかいめがとても自然で、確かな現実があるからこそ、空想のなかで遊べるのだなと思った。
読了日:4月8日 著者:アーサー・ランサム
ツバメ号とアマゾン号(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)ツバメ号とアマゾン号(上) (岩波少年文庫 ランサム・サーガ)
読了日:4月8日 著者:アーサー・ランサム
怪しい店怪しい店
読了日:4月7日 著者:有栖川有栖

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.01

3月に読んだ本

2016年3月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:989ページ
ナイス数:51ナイス

四十九日のレシピ (ポプラ文庫)四十九日のレシピ (ポプラ文庫)
読了日:3月30日 著者:伊吹有喜
和菓子のアン (光文社文庫)和菓子のアン (光文社文庫)感想
和菓子の奥深さが日常の謎にからんんでおもしろかった。不祝儀にも用いられる和菓子の歴史を感じた。
読了日:3月13日 著者:坂木司
『罪と罰』を読まない『罪と罰』を読まない感想
おもしろかった。『罪と罰』が読みたくなった。
読了日:3月7日 著者:岸本佐知子,三浦しをん,吉田篤弘,吉田浩美

読書メーター

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧